帰りたくなる場所が
ここにある。
「木心地の好い家」

木のぬくもりを感じられる
「木心地の好い家」

家は住まい手と共に年月を重ね、味わいを増していくもの。
長く快適に過ごしてもらうためにも
古くなると劣化し見劣りする家ではなく
古くなればなるほど、味わいを増していく家をつくりたい。

施工実例

木心地の好い家

紀州材